売られた辺境伯令嬢は隣国の王太子に溺愛される

売られた辺境伯令嬢は隣国の王太子に溺愛される16巻内容と感想をご紹介!クレアの正体

この記事は、COMIC ROOMから出版されている「売られた辺境伯令嬢は隣国の王太子に溺愛される」16巻の内容をご紹介しています!

  • ネットの広告でよく目にするので気になっている
  • 「売られた辺境伯令嬢は隣国の王太子に溺愛される」を購入しようか検討している
  • 内容を確認してから購入したい

上記のように考えている方にオススメの内容となっています。

さっそく「売られた辺境伯令嬢は隣国の王太子に溺愛される」16巻の内容と感想などをご紹介していきます!

▼全巻試し読みと70%OFFクーポンはコミックシーモアだけ!▼

↓コミックシーモアで12/2まで↓
今なら1~5話を無料で読めるのでお早めに!

今すぐ
売られた辺境伯令嬢は隣国の王太子に溺愛される
1~5話を無料で読む

15巻はこちら← →17巻はこちら

※当サイトは完全な紹介サイトではありません。

購入のきっかけになるような記事作りを心がけておりますので、ご理解ください。

売られた辺境伯令嬢は隣国の王太子に溺愛されるネタバレまとめはこちら

売られた辺境伯令嬢は隣国の王太子に溺愛される16巻内容:クレアの入学した理由が明らかに!

どうしてこんな所にケネスが!?

まさか、自分を迎えに…?

いや、そんなことよりもアンナには言いたいことがあった。

「1週間も放置ってどういうつもりなのよ!?」

アンナが詰め寄るも、ケネスは事情があったと言うだけで詳しくは教えてくれない。

納得いかないものの、アンナはクレアを紹介すると自分たちを家まで送ってとくれと頼んだ。

「それは無理だ」

断られるなんて思いもしていなかったアンナが驚いていると、後ろから聞き覚えのある声が。

「お迎えありがとうございます、ケネス様」

どうしてイーリスが!?

戸惑うアンナをよそに、イーリスは白々しくケネスに尋ねる。

「この方はどなたですの?」

「グラナス帝国と停戦協定を結ぶために来てもらったんだ」

ごきげんようと会釈するイーリスに、アンナは言葉を失う。

私を悪者に仕立てあげたくせに、何だこの初めて会ったような口ぶりは!?

何も言えないアンナをいいことに、イーリスは続けた。

「あんな野蛮な国との交渉なんて…。ケネス様のご苦労痛み入りますわ」

「どっちが野蛮よ!」

攻めてきたのはそっちのほうなのに!

アンナが吠えると、イーリスは怖いと言ってケネスに抱きついた。

「君に危害は加えさせないから大丈夫だよイーリス」

ケネスはイーリスの肩を抱くと、優しく微笑んだ。

頬を紅潮させ、目を輝かせるイーリス。

ケネスはイーリスを馬車に乗せると、そのまま一緒に帰ってしまった。

 

二人を乗せた馬車が遠ざかっていくのを見ながら、アンナは身震いした。

何だったの今のは…!?

ケネスの変貌ぶりにアンナは自身の目を疑った。

結局はあの女が婚約者で私は人質ってこと?

アンナの中で憤りが生まれる。

そこへ、クレアが大丈夫ですかと声をかけた。

「別の女性を迎えに来た上に人質扱いなんて気分悪いですよね…」

しかし、イーリスはエクリプス家の人間。

エクリプス家の家長であるテオ公爵は政治的には既にケネスより力を持っているから、ケネスがああいう態度をとるのも仕方なかったのだ。

「あなたってすごいわね…」

冷静に分析するクレアに感心していると、そこへ馬車に乗ったレイヴンがやってきた。

アンナが驚くと、レイヴンはケネスから申し付けられたと答える。

疑問に思いつつも、気を取り直したアンナはクレアを自邸へと誘うのだった。

 

アンナの屋敷でティータイムを楽しむ二人。

そこでふと、アンナはクレアの第一印象について話し始めた。

「初めは気の弱いいじめられっ子だと思ってたわ」

しかしダンスは上手いし妙に冷静だし、普通のお嬢様には見えない。

それを言われたクレアは、急に神妙な面持ちに。

「私がこの学園に入学したのは、父よりある使命を託されたからです」

「…使命って?」

訊き返すアンナに、クレアは続ける。

「上流貴族の子女が集まるこの学園は、イーリスを筆頭としたエクリプス派閥に誰も逆らえません」

それはまさに、今のこの国の状況そのもの。

クレアはアンナの目をまっすぐに見つめた。

「私の目的は、新勢力を作りこの学園のパワーバランスを崩壊させることです」

きっとそれが、この国を変えるきっかけになると信じて。

そう話すクレアの正体とは一体──!?

※ここで【売られた辺境伯令嬢は隣国の王太子に溺愛される16巻】が終了です!

売られた辺境伯令嬢は隣国の王太子に溺愛される16巻感想:イーリスは手強そう…

ケネスのギャップがすごいです笑

でも顔がいいから絵になるんですよねー!

アンナに友人ができたのかと聞くくだりは親子みたいで笑ってしまいました。

レイヴンに馬車を頼んだのは、きっとケネスなりの気遣いですよね!

その優しさはアンナに伝わってませんけど笑

アンナがケネスの態度に対して怒ったような場面がありましたけど、あれは嫉妬…ではないんですかね?

以前にも侮辱されたことを怒っていたので、今回のもきっと同じ理由なんでしょうか?

早くケネスに嫉妬しているところを見てみたいです!

クレア、まさかの重要キャラだったとは!

もしかして、いじめられてたのも演技だったり…?

クレアにそんな重大使命を託した父親の人物像も気になります!

ケネスもクレアのことを知っていたみたいですし、裏で繋がりがあったりするんでしょうか?

売られた辺境伯令嬢は隣国の王太子に溺愛される16巻を無料で読む方法

▼全巻試し読みと70%OFFクーポンはコミックシーモアだけ!▼

↓コミックシーモアで12/2まで↓
今なら1~5話を無料で読めるのでお早めに!

今すぐ
売られた辺境伯令嬢は隣国の王太子に溺愛される
1~5話を無料で読む

売られた辺境伯令嬢は隣国の王太子に溺愛される16巻の内容と感想をご紹介:まとめ

売られた辺境伯令嬢は隣国の王太子に溺愛される16巻の内容と感想をご紹介してきました!

内容を簡単にまとめると・・・

  • ケネスがイーリスを迎えに来る
  • アンナがクレアを自邸へ誘う
  • クレアが入学した目的を打ち明ける

このようになっています!

省いている内容がありますので、よりじっくりと読みたい方は是非購入してお楽しみください。

  • クレアとケネスの初対面
  • ティータイムの様子

を省いております!

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

15巻はこちら← →17巻はこちら

以下、当サイトの取り扱い話数一覧です。

1巻 2巻 3巻 4巻 5巻
6巻 7巻 8巻 9巻 10巻
11巻 12巻 13巻 14巻 15巻
16巻 17巻 18巻 19巻

※19巻まで更新中。(2022/8/12現在)

売られた辺境伯令嬢は隣国の王太子に溺愛されるに関する記事