売られた辺境伯令嬢は隣国の王太子に溺愛される

売られた辺境伯令嬢は隣国の王太子に溺愛される1巻内容と感想をご紹介!突然の父の死

この記事は、COMIC ROOMから出版されている「売られた辺境伯令嬢は隣国の王太子に溺愛される」1巻の内容をご紹介しています!

  • ネットの広告でよく目にするので気になっている
  • 「売られた辺境伯令嬢は隣国の王太子に溺愛される」を購入しようか検討している
  • 内容を確認してから購入したい

上記のように考えている方にオススメの内容となっています。

さっそく「売られた辺境伯令嬢は隣国の王太子に溺愛される」1巻の内容と感想などをご紹介していきます!

▼全巻試し読みと70%OFFクーポンはコミックシーモアだけ!▼

↓コミックシーモアで8/12まで↓ 今なら1~2話を無料で読めるのでお早めに!

今すぐ 売られた辺境伯令嬢は隣国の王太子に溺愛される 1~2話を無料で読む

シノ
シノ
コミックシーモアなら携帯キャリア決済やバーコード決済などで気軽に購入できます。
今なら無料会員登録で70%OFFクーポンGET!!

2巻はこちら

※当サイトは完全な紹介サイトではありません。

購入のきっかけになるような記事作りを心がけておりますので、ご理解ください。

売られた辺境伯令嬢は隣国の王太子に溺愛されるネタバレまとめはこちら

売られた辺境伯令嬢は隣国の王太子に溺愛される1巻内容:兄を取り戻すためアンナは隣国へ差し出されることに…

あぁ、なんてくだらない世界なのかしら。

両親が開催する夜会に出席したハルミッヒ辺境伯令嬢アンナは、心の中で嘆いた。

美しい姉と妹には、いつも大勢の殿方が一緒に踊ろうと言い寄って来る。

毎度の光景にうんざりしていたアンナは、仮病を使って早々に休むことに。

「やんなっちゃう」

どうして女は殿方に媚びを売らなければいけないのだろう。

自分には向いてないのだとぼやくアンナに、使用人のレイヴンはそんなことないと否定する。

「お嬢様は魅力的ですよ」

しかしレイヴンの言葉を逆の意味で受け取ったアンナは顔をしかめた。

「あなたまでそんなことを言うの!?」

そういう意味で言ったわけではないのだが、アンナには伝わらなかったようだ。

苦笑するレイヴンをよそに、会話を切り上げたアンナはある場所へレイヴンを誘う。

「そんなことより、今からあそこに行きましょう!」

このまま寝ていては、本当に病気になってしまう。

渋るレイヴンに頼み込み、アンナは宝物庫へ。

 

数々の武器に目を輝かせるアンナ。

そのうちの一つを手に取ると、レイヴンに投げた。

「さあ、来なさい」

アンナが剣を構えると、レイヴンによる手合わせが始まった。

しかし健闘も空しく、アンナは負けてしまう。

自分が男だったら、父と一緒に戦場へ出て存分に戦えるのに。

父は歴戦の勇者で、辺境伯として隣接国との争いを何度も制してきた。

帝都一の淑女と名高い母のように上品な他の兄妹たちとは違い、アンナにはその血が色濃く受け継がれたようで、殿方ではなく戦場に恋い焦がれてしまうのだ。

当然、周りの人間は皆アンナを変人扱いした。

自分でも痛いくらい自覚はしているが…。

「なんで女に生まれちゃったのかな…」

アンナは自分の人生を嘆いた。

 

その夜メイドから起こされたアンナは、父が今から出陣することを知らされる。

すぐに父の元へ向かうアンナ。

どうやら隣国のアルビオン軍が国境を越えてやってきたらしく、父と兄はそれを治める為に出陣するというのだ。

狼狽える母を制し、毅然とした態度で戦地へ赴く父。

しかし、無事を祈るアンナの願いも空しく、父は帰らぬ人に。

更に兄のアロイスを拘束され、ハルミッヒ辺境領は当主だけでなく後継者まで失う窮地に立たされてしまう

焦った母はすぐにもう一度攻め込むよう命令するも、周りの者は首を縦に振らなかった。

無策で攻め込めば敵の思うツボだからだ。

あれやこれやと策を巡らせた末、一人の補佐官が口を開いた。

「一つだけ手がございます」

それは、ハルミッヒの令嬢を差し出すこと。

ハルミッヒの令嬢といえば、帝都一の淑女と呼ばれるイザベラの娘。

その美しさは国中に轟いており、名家の子息がこの辺境領まで訪れるほどだ。

その噂は、隣国にも知れ渡っているはず。

差し出して一時休戦とアロイスの解放を要求すれば、必ずや受け入れられるだろう。

その間に帝都の軍勢が来てくれれば…。

それを聞いた母は、その大役にアンナを選出する。

「できるわね、アンナ」

姉のローズは婚約中、妹のマリーに至ってはまだ13歳だ。

アンナに白羽の矢が立つのは当然のことだった。

「どうか考え直してくださいイザベラ様!」

青ざめたレイヴンが抗議する。

そんな見殺しにするようなやり方は納得がいかなかった。

周りの人間もざわめきだす中、やがてアンナが口を開く。

「わかりました、お母様」

母の顔がぱぁっと明るくなる。

「さすが私の娘だわ」

母からの抱擁に、アンナは微笑んだ。

「大好きなお父様の仇は私が必ずとって参ります」

※ここで【売られた辺境伯令嬢は隣国の王太子に溺愛される1巻】が終了です!

売られた辺境伯令嬢は隣国の王太子に溺愛される1巻感想:お父さんが!!

個人的に、一番かっこいいと思ってたお父さんが一話目から離脱したのがショックでした…泣

もっと戦ってる姿とか、アンナを甘やかしてる様子とか見たかった…。

アロイスがお父さんみたいな性格だったら戦況が変わったかもしれないのに!

せっかく顔がいいのに、そこだけが残念です笑

アンナはアルビオンに勝てるのでしょうか?

勇者と呼ばれたお父さんでも勝てなかった相手ですし…。ちょっと心配ですね。

お母さんは明らかにアンナと他の兄妹とで贔屓してますよね。

アンナを差し出す時に「今まで好き勝手してきたんだから」と言ってましたし、彼女の中ではアンナは頭を悩ませる存在だったんじゃないでしょうか。

悪い人ではないんでしょうけど、アンナが可哀想だなともやもやしてしまいました。

売られた辺境伯令嬢は隣国の王太子に溺愛される1巻を無料で読む方法

▼全巻試し読みと70%OFFクーポンはコミックシーモアだけ!▼

↓コミックシーモアで8/12まで↓ 今なら1~2話を無料で読めるのでお早めに!

今すぐ 売られた辺境伯令嬢は隣国の王太子に溺愛される 1~2話を無料で読む

シノ
シノ
コミックシーモアなら携帯キャリア決済やバーコード決済などで気軽に購入できます。
今なら無料会員登録で70%OFFクーポンGET!!

売られた辺境伯令嬢は隣国の王太子に溺愛される1巻の内容と感想をご紹介:まとめ

売られた辺境伯令嬢は隣国の王太子に溺愛される1巻の内容と感想をご紹介してきました!

内容を簡単にまとめると・・・

  • ハルミッヒ辺境で夜会が開催
  • 仮病で休んだアンナはレイヴンと剣の練習へ
  • 隣国アルビオン軍との戦いで父が死亡
  • 人質となった兄を助けるためにアンナが隣国へ差し出されることに

このようになっています!

省いている内容がありますので、よりじっくりと読みたい方は是非購入してお楽しみください。

  • 家族のアンナへの態度
  • アンナとレイヴンの手合わせの様子
  • 父の最期

を省いております!

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

2巻はこちら

売られた辺境伯令嬢は隣国の王太子に溺愛されるに関する記事